スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村


ボンネビルのカラーリングを考える

Triumph Bonneville 1959


1959年というと、半世紀以上も前に走っていたこのバイク。

ワタシの2012年モデルのボンネビル、赤白ツートンカラー「クランベリーレッド/ニューイングランドホワイト」はコイツをオマージュしているようです。


やっぱりフロント・リアともにフェンダーは、タンク上部と同じ白の方がカッコイイかも。


一見同じようだが、ワタシのボンネビルのフェンダーは赤色。


うーん…

サイドカバーも赤より黒い方がグッと引き締まって見えるような気もする。


塗ったろかな。。。


********************

にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

※当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村


コメント

No title

>pachoさん
ありがとうございます。
カラーリングもタンク部分は大満足なので変えるつもりはサラサラ無いのですが…
ちょっとだけオリジナリティを出してみたくなりまして(笑)

No title

このカラーすごく品がいいと思いますよ。
私なんかこのカラーに塗り替えたいくらいですが(笑)

No title

>ツキさん
そうですねえ、、、気に入って買ったカラーなんですよね。
うん、購入時の姿を維持するのも大切と思います。
旧車なんかを見てもカスタムしまくっているものより、オリジナルに近いものの方が価値があるみたいだし。
ま、とりあえず塗るのだけは中止ということで(笑)

No title

>kenさん
そうですねえ、、塗ってしまうと後で後悔しそうです。
とは言っても、バイクのパーツって何でこんなに高いのでしょう。。
とりあえずは「現行車の趣きを大事にする」その言葉いただきます(笑)

No title

気に入って買ったのだから、できるだけ購入時の姿を維持するように心掛けています。
落ち着いたイメージで知られているボンネにあって、この赤は希に見る艶やかさ。黒に変えるのは勿体ないなぁと思いました。なにより、この車体のカラーは完成度が高いなぁと感じています。傷がついたとか、艤装の必要に迫られるまで、心にふくんでみては?
タンクの白とピンストライプに使われているゴールドでチェッカーラインを施すだけでも、簡単にイメージを変えられるし。黒の全塗りって、けっこう難しいらしいし。。

No title

私もサイドカバーを黒に交換しょうがな!って考えたことあります。
まぁお財布事情により断念したんですけどね(笑)
塗ってしまうと、元に戻せないし(笑)
いまは、現行車の趣きを大事にするって事で納得させてます(笑)

No title

>postpapaさん
そうですねえ、やはりそれぞれのオリジナリティというものは大事ですよね。
フェンダーやサイドカバーはヤフオク辺りで安いのが出たら考えてみて、オリジナルカラーにはいつでも戻せるようにしましょうかね。

No title

フェンダーの赤に1票です。
サイドカバーとの赤で都会的なお洒落感があって、私はフェンダー&サイドカバーは赤が好きですね。
当時のボンネビルの白は勿論それなりにカッコいいと思いますが、それはその車種のオリジナリティがあるからで、現代のボンネビルは今のオリジナルカラーが1番だなって私は思います。
サイドカバーが黒になると旧車っぽくはなりますね。
この辺りは好みですから・・・
折角の赤を楽しみましょう(笑)
非公開コメント

プロフィール

sir-yang

Author:sir-yang

家族とウイスキーをこよなく愛する中年にわかライダー。
愛車ボンネビルT100 (2012年式)で、ノロノロと走っております。


Free area

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。